お店をお探しの方はこちらから
久留米 大砲ラーメン公式通販サイト【全国配送】お店の味をそのままに本物をお届け

第三話 つぶやき三話

 ケータイのハナシですが、しかし、あの「迷惑メール」というやつは何なんでしょうね。大体それにひっかかる人なんかいるのでしょうか?「私、きょうは黒の網タイツだよ」だの「家出中。だれか私を泊めてくれない?16才女子高生」ついには「処女あげます」もう笑っちゃいます。どうせなら思いっきり笑わせてほしいです。たとえば「家出中。55才 男」とか「僕のさい帯血使って下さい」いっそ「単刀直入に言う。これは架空請求サイトだ。君も男なら、度胸があるなら、気合いのワンクリするがいい」こんな迷惑メールならば逆に楽しみになりますね。
 次に、これもハイテク便利なカーナビですが、音声案内は必ず標準語の女性の声ですね。その常識を覆すメーカーがあってもいいと思います。「久留米の中年オヤジ版」などあれば、売れること間違いなし。「そげなとこん行ってなんすっと?しょんなかね、したら案内ば始むるばい。飛ばしちゃでけんばい」やがて「ああソコソコ、そん角ば左たい!ありゃ行き過ぎっしもた。なんばしよっとバカんごつ!もう教えんばい。再検索は、しちゃらん」一般のカーナビでは、高速道路などを長時間走っていると「運転が長時間に及んでいます。そろそろ休憩しませんか」などと語りかけてくれます。これが「久留米の中年オヤジ版」だと・・・、ディスプレイから聞こえてくるのは、延々とオヤジのイビキ。ただ運転手の睡魔を誘うだけ。やがて「ふあ〜、寝っしもた。キモチんよかったばーい」やっぱりこのカーナビは売れませんね。ハラが立つし、そもそも九州人以外には言葉が通じません。
 最後にセキュリティのハナシ。そう、吉田沙保里さんが天井に張り付いて目から光線を出すCMのアレです。私の店舗も本部事務所も、ある警備会社のセキュリティにお世話になっていますが、要は、閉店後に侵入者が屋内に入ると、天井の人感センサーが反応して大音響のサイレンが鳴り、自動的に警備会社に通報され、数分で警備員が駆けつけるというものです。私も慣れない頃は、よく誤作動させて警備会社に迷惑をかけました。そのとき思いましたね。大音響のサイレンは、なるほどビックリしますが、なんか味気ないなと。同じ大音響でもオカマの声ならどうでしょうか?イキナリ美川憲一さんの声で「何してんのよ」コレには泥棒も腰を抜かします。続けて「ここにはカネメのものなんか何もないわよ。とっととお帰り!」すると突然、美輪明宏さんの声に変わり「あなた、あなたの後ろには亡くなったお婆さんが、悲しい顔をして立っていらっしゃるわよ」腰が抜けた泥棒はそのまま立てない。そこで駆けつけた警備員に御用となりましたとさ。
 今回はこんくらいでヨカですか?