お店をお探しの方はこちらから
久留米 大砲ラーメン公式通販サイト【全国配送】お店の味をそのままに本物をお届け
15

第二十九話 愛の貧乏脱出大作戦・最終章

夜の合川店、その暗い駐車場の片隅にうずくまる黒い二つの影。いい歳したおっさんがウンコ座りで向かい合い、何やら話し込んでいます。S店長が帰ろうとする中山さんを必死で説得しているのです。
 テレビクルーはそんな二人を遠巻きに捉えながら、状況に変化があれば電話で僕に知らせるようになっています。最悪の場合僕が駆けつけ、中山さんに対して最終的な結論を下すようになっていますが、僕はS店長を信じていました。
しかし、二時間待っても三時間待っても、何の連絡もありません。この修行に強い疑問を持つ中山さんのガンコな耳には、S店長の言葉はなかなか聞こえないのでしょう(そのガンコさで修行もやり通せばよいものを・・・)。
 夜もしだいに更け、やがて深夜も1時を過ぎた頃、突然僕の携帯が鳴りました。電話の主はS店長・・・・、そして一言。
 「大丈夫です。中山さん修行続行です」
 僕は感動しました。それは、考え直してくれた中山さんに対してではなく、幾つも年上の、それも極限状態のガンコオヤジを説得した若いS店長に僕は感動したのです。かつて僕に反発し、僕の元を離れた経験を持つS店長は、中山さんに向かいながらも、本当は昔の自分の姿と向かい合っていたに違いありません。「何で俺たちの思いが解らないのか!」薄っぺらい言葉ではなく、相手のために本気になって心から訴えるS店長の魂が、極限状態のガンコオヤジの心を開かせました。
 翌日、修行三日目の朝。中山さんは決められた時間よりも早く出勤してきました(ここからはテレビでご覧のとおり)。彼は、昨日とは打って変わって、すべてが吹っ切れた顔をしていました。
 「二日間駐車場の整理やって、どうでした?」僕の問いに彼は答えました。「正直言って、昨日はもう修行を辞めて帰ろうと思いました。でも今、やっとわかりました。この二日間の修行は、お客さんへの“感謝の気持ち”これがテーマだと」僕は彼をじっと見ながら、目で伝えました。“あなたが今一番感謝すべき相手は、S店長だよ”「今から多久まで行こう」
その場で僕は、中山さんの店で集中的な調理実習を行うことを決め、早速、食材・調理器具を車に積み込んで、佐賀県多久市に向かいました。残された修行期間はあと四日です。
 それから三日三晩、彼はもう何の疑問も持たず、徹夜の実習をひたすら頑張りました。すべてを受け入れた人間というものは、こんなにも劇的に成長するものなのでしょうか。元々ラーメン屋として基本的な技術があるにしても、僕が独自に考えた“てぼ(麺の茹でカゴ)から放り上げた麺を、空中で素早く麺揚げ(柄付きの金網)で受け、湯切りする”という麺揚げのワザも、何とほぼ三日でマスター(テレビではこの麺揚げ実習シーンが最も話題になった)。
同時進行中の“呼び戻し豚骨スープ”の基本調理も、何とかカタチにはなってきました。
 そして修行最終日“試食会”の日がやって来ました。審査員は僕たちTラーメンの店長をはじめ、社内歴戦の“豚骨ラーメンのツワモノ”たちです。彼らの厳しい舌を満足させなければ、この修行は不合格となります。・・・
 ところが!中山さんはやりました。この日、親父のために駆け付けて来てくれた長男と二人で、見事に素晴らしいラーメンを作り出しました。審査員たちは満足し、まずは合格のようです。感激している中山さんに、僕は最後に言いました。「俺達は今日、久留米に帰る。明日からは中山さんは一人になる。それから中山さんの本当の修行が始まるんやけど、呼び戻しスープは、そんなに簡単なもんじゃなか。ばってん、これも縁、中山さんとはずっと付き合う覚悟がある。その意味で、俺の新しい外弟子の一人として“合格”」と。
 かくして中山さんの愛の貧乏脱出大作戦の修行は終わりました。修行後の新装開店の日の売上は、目標の三倍を記録しました。
収録のスタジオでは、みのもんた氏やゲストたちが、VTRの中の「達人に感謝、お客さんに感謝、そして息子に感謝」という、そんな中山さんの姿に感動して涙ぐむという場面もあり、スタジオの一般参加者に対するアンケートでは、なんと全員が“合格”のパネルを表示するという(前代未聞?)、感動のラストでこの番組は終了しました。
 放送後三ヶ月を過ぎた現在も、多久の大将ラーメンは、修行前の十倍近い驚異的な売上を維持しています。S店長や、その他の店長も、時折自分の公休を潰して(僕の知らないうちに)多久までスープ指導に通っているようです。有難いことです。
 この番組をとおして、僕は思いました。本当の“達人”は、テレビにほとんど出ることのない、この店長たちなのだと。