お店をお探しの方はこちらから
久留米 大砲ラーメン公式通販サイト【全国配送】お店の味をそのままに本物をお届け

第百二十八話 映画「ラーメン侍」幻の脚本⑰

前号からの続き

18 立ち退き

 太った男の脂ぎった顔が、電気屋のテレビの画面一杯に写っている。その男は満面の笑顔でわめいている。
 「このイナトミ、皆様のお陰で当選いたしました!今後は不肖イナトミ、全身全霊、一命を賭してこの久留米のまちのために・・・」画面では稲富の顔を遮るようにレポーターが登場。
 「先日の公職選挙法違反事件により穴の明いた議席を埋める形で、繰り上げ当選を果たした稲富太郎氏の談話でした」電気屋の前でテレビを見ていた昇は、リヤカーを引き始めた。夜、屋台にはテレビと同じ脂ぎった満面の笑顔がいた。
 「のぼっちゃん、アンタのお陰ばい!得票数は山田と俺は1票差ばい!1票ばいイッピョウ!のぼっちゃん、あんたのその1票がなかったら、俺はシマエとった。カアチャンにも逃げられとった」
 昇は黙ってうなずきながらコップに酒をついでいる。

* (光)『実は父ちゃんは今回も含め、生まれて1度も投票に行ったことがありません』

 昇は稲富の前にコップを置いて言った。「祝い酒たい」「ありがとうのぼっちゃん。あんたにはいつも助けられるのォ」カウンターに両手をついて頭を下げた稲富は、そのままコップ酒の表面張力に口を運んだ。洗った丼をふきんで拭きながら嘉子が言った。
「ところで稲富さん、役所の方では、このあたりの屋台を立ち退かせようという話になっとるって本当ね?」酒を飲み干した稲富は、コップを置き、袖で口を拭きながら答えた。
「うーん、そうみたいやね・・・」
すかさず嘉子は、やや詰め寄った。「議員さん、あんたの力でどげんかならんね?」
稲富は当惑しながらも気の毒そうに言った「頑張ってはみるばってん・・・時流というやつにはかなわんよ」拭きかけの丼を置いて、嘉子は身を乗り出した。やや興奮している。
「時流っちゃ何ね?爪に火を灯して働く者ば払い除けるのが時流ね?」
「もういい」昇は静かに嘉子を制した。

 春の長雨がここ2、3日続いていた。雨空から見下ろせば、路地裏に2つの黄色い傘がもつれ合うように歩いている。光とその友人である。小綺麗な格好をした裕福な家育ちの友人が言った。
 「本当に家の中にキノコなんて生えるの?信じられないよ」「ウソじゃなか、まあとにかくウチにおいで」2つの黄色い傘は長屋の前で止まった。「ここが僕ん家、上がらんね」光の誘いに友人は呆然としている。
「ここが君ん家?上がれって・・・玄関は?」「ゲンカン?入り口のこと?それならここがゲンカンたい」
 光は古いガラス戸をガタガタと開けた。友人が恐るおそる光の後に続くと、そこには上がりがまちに片足を置いて、吽形の顔で生肉をさばいている昇の姿があった。昇の白い前掛けには肉の血液があちこち付着している。光の友人は立ちくらみを覚えた。それでも友人は遠のく意識と戦いながら、親の躾どおりの挨拶を実行した。「こ、こんにちは、ぼ、僕は藤田純一郎です」
 牛刀を向けながら昇は言った。「光んダチか?」藤田純一郎は気を失った。
 数分後、光と純一郎は並んで、腐った畳に生えた1本の白いキノコに顔を寄せている。目を丸くした純一郎はつぶやいた。「すごい・・・本当にキノコだ。本物だ」光は自慢気な顔をしている。そこに嘉子が、粉末ジュースの入った欠けた湯飲みを運んできた。振り返った純一郎は興奮しながら嘉子に言った。「あ、ありがとうございます。おばさん、それにしてもすごいですね。お家の中にキノコが生えるなんて!」
 嘉子は昇と目を合わせ、うつむいた。大人の心情など解らぬ純一郎は饒舌になった。
 「僕ん家なんか大理石のリビングにも、そこにあるグランドピアノにも、どこにもこんな美しいキノコなんて生えていない!」昇と嘉子は一段とうつむいた。
 「なんて素晴らしい、そして珍しいお宅なんだ!」昇と嘉子の顔は赤くなった。
 長屋の外。道行く人が足を止めている。果てしなく続く純一郎の感嘆の叫び声・・・。
 「ああ素晴らしい!さらにカゴの中には白いネズミが飼われているけど、狭い2段ベッドの下には黒いネズミが放し飼いにしてある!」
 昇はつぶやいた。「嘉子・・・引っ越したかぁ」

~次号へ続く~

13685373